" />

スタイル メンタル 身体

【自己啓発?】モチベーションなんて捨てちまえ!

本記事の内容

✔︎そもそもモチベーションとは

✔︎モチベーションとは〇〇だ

✔︎モチベーション→〇〇に!

 

この記事は、何か行動(アクション)を起こしたいと言う方向けに書いています。

この記事を書いている僕は、

・海外に1人で行き死にかける。

・飲食点×2・アパレル・派遣・スーパー・ホテル・営業の7種の勤務経験。

・夏季には海の家を経営。

まず初めにモチベーションをコントロールできた事がある人はいるでしょうか?

誰しもが完全にモチベーションをコントロールできた事が1度もないにも関わらず、なぜかモチベーションを喉から手が出るほどに欲しますよね。

そもそもモチベーションとは

簡単に言うと、感情の高まりの結果何かの行動意欲を感じる事です。

と言うことは、つまり感情なのです。

しかも感情に基づいた感情なのです。

モチベーションとは”嬉しい”や”楽しい”時に発生しそうですが実は”つらい”・”苦しい”と言う時にも発生することからもモチベーションが他の感情に基づいていると言う事ができます。

そしてそれはつまり、”頼りないもの”だと言う事です。

なぜなら、感情に基づくものは全てアップダウンが激しいものだからです。

例えば、モチベーションが上がり「勉強をしよう」と思い立った時に、親からの「勉強しなさい!」のたった一言でモチベーションがなくなった経験は僕だけじゃないはずです。

他には、上司の立場で部下が仕事で悩んでいそうだからと飲み会を善意で開いて一時はモチベーションを取り戻すもその部下は家庭内で夫婦喧嘩をしてモチベーションがまた下がったとかということも起こり得ますよね。

そうです。モチベーションは感情である限りアップダウンを繰り返します。それも、ランダムに。

加えて、モチベーションは続かないようにできています。

同じものに何回も触れていくと、最初はどんなに楽しかったことも、繰り返していくうちにだんだんつまらなくなるのと同じように、モチベーションもだんだん鈍くなってきます。

これは、理論的にも言う事ができます。

人間は怠け者なので、判断することを嫌います。そのため何度も何度も触れている事柄にはローコストで処理しようとするように脳が機能するからです。

このことから、やる気を感じなくなってしまします。

そのため、モチベーション必要論を唱える方は

やる気を高める”ための

やる気が必要

こんなバカのことありますか?

モチベーションは〇〇だ

この問いの結論から言うと、

モチベーション=天気

天気は、晴れの日や、曇り・雨、時には雷が鳴る日だってありますよね。

そのように、モチベーションもその都度その都度ランダムに移り替わるのです。

そのため、晴れの日はラッキー!!と思うのと同じように、モチベーションが高い日はラッキーと思うのが丁度いいです。

曇り・雨の日が傘をさせば歩けるように、モチベーションがない日にもできることはありませんか?

このようなマインドセットをしておくだけで『モチベーション必要論』からは脱却され、モチベーションに翻弄ほんろうされなくなります。

モチベーション→〇〇に!

結論は、

”モチベーションから習慣に移行せよ”

と言うことです。

これは、例えば夜寝る前に歯磨きをする際、あなたはモチベーションを必要としますか?

必要としませんよね。

それはなぜか??

答えは簡単、習慣だからです。

これは、先ほどの↓理論を逆手に利用しましょう。

人間は怠け者なので、判断することを嫌います。そのため何度も何度も触れている事柄にはローコストで処理しようとするように脳が機能するからです。

習慣化さえしてしまえば、行動を実行するのにコストを必要としません。

この変化の早い現代において、モチベーションを待っているようじゃもはや手遅れです。

法が変化に追いついていない時代に考える時間なんてありません。

PDCA(plan do check act)の時代ではなくDDDD(do do do do)の時代なんです。

何事もローンチファーストで改善は後からついてくるのです。

これが真理であり、結論です。

みどっ鼻
モチベーションが上がらない
みどっ鼻
新たなことに挑戦したくない
みどっ鼻
やる気が出ない

こう言った疑問に解決していきます。

結論から言うと、

モチベーションなんて必要ないです

 

本記事の内容

✔︎そもそもモチベーションとは

✔︎モチベーションとは〇〇だ

✔︎モチベーション→〇〇に!

 

この記事は、何か行動(アクション)を起こしたいと言う方向けに書いています。

この記事を書いている僕は、

・海外に1人で行き死にかける。

・飲食点×2・アパレル・派遣・スーパー・ホテル・営業の7種の勤務経験。

・夏季には海の家を経営。

まず初めにモチベーションをコントロールできた事がある人はいるでしょうか?

誰しもが完全にモチベーションをコントロールできた事が1度もないにも関わらず、なぜかモチベーションを喉から手が出るほどに欲しますよね。

そもそもモチベーションとは

簡単に言うと、感情の高まりの結果何かの行動意欲を感じる事です。

と言うことは、つまり感情なのです。

しかも感情に基づいた感情なのです。

モチベーションとは”嬉しい”や”楽しい”時に発生しそうですが実は”つらい”・”苦しい”と言う時にも発生することからもモチベーションが他の感情に基づいていると言う事ができます。

そしてそれはつまり、”頼りないもの”だと言う事です。

なぜなら、感情に基づくものは全てアップダウンが激しいものだからです。

例えば、モチベーションが上がり「勉強をしよう」と思い立った時に、親からの「勉強しなさい!」のたった一言でモチベーションがなくなった経験は僕だけじゃないはずです。

他には、上司の立場で部下が仕事で悩んでいそうだからと飲み会を善意で開いて一時はモチベーションを取り戻すもその部下は家庭内で夫婦喧嘩をしてモチベーションがまた下がったとかということも起こり得ますよね。

そうです。モチベーションは感情である限りアップダウンを繰り返します。それも、ランダムに。

加えて、モチベーションは続かないようにできています。

同じものに何回も触れていくと、最初はどんなに楽しかったことも、繰り返していくうちにだんだんつまらなくなるのと同じように、モチベーションもだんだん鈍くなってきます。

これは、理論的にも言う事ができます。

人間は怠け者なので、判断することを嫌います。そのため何度も何度も触れている事柄にはローコストで処理しようとするように脳が機能するからです。

このことから、やる気を感じなくなってしまします。

そのため、モチベーション必要論を唱える方は

やる気を高める”ための

やる気が必要

こんなバカのことありますか?

モチベーションは〇〇だ

この問いの結論から言うと、

モチベーション=天気

天気は、晴れの日や、曇り・雨、時には雷が鳴る日だってありますよね。

そのように、モチベーションもその都度その都度ランダムに移り替わるのです。

そのため、晴れの日はラッキー!!と思うのと同じように、モチベーションが高い日はラッキーと思うのが丁度いいです。

曇り・雨の日が傘をさせば歩けるように、モチベーションがない日にもできることはありませんか?

このようなマインドセットをしておくだけで『モチベーション必要論』からは脱却され、モチベーションに翻弄ほんろうされなくなります。

モチベーション→〇〇に!

結論は、

”モチベーションから習慣に移行せよ”

と言うことです。

これは、例えば夜寝る前に歯磨きをする際、あなたはモチベーションを必要としますか?

必要としませんよね。

それはなぜか??

答えは簡単、習慣だからです。

これは、先ほどの↓理論を逆手に利用しましょう。

人間は怠け者なので、判断することを嫌います。そのため何度も何度も触れている事柄にはローコストで処理しようとするように脳が機能するからです。

習慣化さえしてしまえば、行動を実行するのにコストを必要としません。

この変化の早い現代において、モチベーションを待っているようじゃもはや手遅れです。

法が変化に追いついていない時代に考える時間なんてありません。

PDCA(plan do check act)の時代ではなくDDDD(do do do do)の時代なんです。

何事もローンチファーストで改善は後からついてくるのです。

これが真理であり、結論です。


みどっ鼻
モチベーションが上がらない
みどっ鼻
新たなことに挑戦したくない
みどっ鼻
やる気が出ない

こう言った疑問に解決していきます。

結論から言うと、

モチベーションなんて必要ないです

 

本記事の内容

✔︎そもそもモチベーションとは

✔︎モチベーションとは〇〇だ

✔︎モチベーション→〇〇に!

 

この記事は、何か行動(アクション)を起こしたいと言う方向けに書いています。

この記事を書いている僕は、

・海外に1人で行き死にかける。

・飲食点×2・アパレル・派遣・スーパー・ホテル・営業の7種の勤務経験。

・夏季には海の家を経営。

まず初めにモチベーションをコントロールできた事がある人はいるでしょうか?

誰しもが完全にモチベーションをコントロールできた事が1度もないにも関わらず、なぜかモチベーションを喉から手が出るほどに欲しますよね。

そもそもモチベーションとは

簡単に言うと、感情の高まりの結果何かの行動意欲を感じる事です。

と言うことは、つまり感情なのです。

しかも感情に基づいた感情なのです。

モチベーションとは”嬉しい”や”楽しい”時に発生しそうですが実は”つらい”・”苦しい”と言う時にも発生することからもモチベーションが他の感情に基づいていると言う事ができます。

そしてそれはつまり、”頼りないもの”だと言う事です。

なぜなら、感情に基づくものは全てアップダウンが激しいものだからです。

例えば、モチベーションが上がり「勉強をしよう」と思い立った時に、親からの「勉強しなさい!」のたった一言でモチベーションがなくなった経験は僕だけじゃないはずです。

他には、上司の立場で部下が仕事で悩んでいそうだからと飲み会を善意で開いて一時はモチベーションを取り戻すもその部下は家庭内で夫婦喧嘩をしてモチベーションがまた下がったとかということも起こり得ますよね。

そうです。モチベーションは感情である限りアップダウンを繰り返します。それも、ランダムに。

加えて、モチベーションは続かないようにできています。

同じものに何回も触れていくと、最初はどんなに楽しかったことも、繰り返していくうちにだんだんつまらなくなるのと同じように、モチベーションもだんだん鈍くなってきます。

これは、理論的にも言う事ができます。

人間は怠け者なので、判断することを嫌います。そのため何度も何度も触れている事柄にはローコストで処理しようとするように脳が機能するからです。

このことから、やる気を感じなくなってしまします。

そのため、モチベーション必要論を唱える方は

やる気を高める”ための

やる気が必要

こんなバカのことありますか?

モチベーションは〇〇だ

この問いの結論から言うと、

モチベーション=天気

天気は、晴れの日や、曇り・雨、時には雷が鳴る日だってありますよね。

そのように、モチベーションもその都度その都度ランダムに移り替わるのです。

そのため、晴れの日はラッキー!!と思うのと同じように、モチベーションが高い日はラッキーと思うのが丁度いいです。

曇り・雨の日が傘をさせば歩けるように、モチベーションがない日にもできることはありませんか?

このようなマインドセットをしておくだけで『モチベーション必要論』からは脱却され、モチベーションに翻弄ほんろうされなくなります。

モチベーション→〇〇に!

結論は、

”モチベーションから習慣に移行せよ”

と言うことです。

これは、例えば夜寝る前に歯磨きをする際、あなたはモチベーションを必要としますか?

必要としませんよね。

それはなぜか??

答えは簡単、習慣だからです。

これは、先ほどの↓理論を逆手に利用しましょう。

人間は怠け者なので、判断することを嫌います。そのため何度も何度も触れている事柄にはローコストで処理しようとするように脳が機能するからです。

習慣化さえしてしまえば、行動を実行するのにコストを必要としません。

この変化の早い現代において、モチベーションを待っているようじゃもはや手遅れです。

法が変化に追いついていない時代に考える時間なんてありません。

PDCA(plan do check act)の時代ではなくDDDD(do do do do)の時代なんです。

何事もローンチファーストで改善は後からついてくるのです。

これが真理であり、結論です。


みどっ鼻
モチベーションが上がらない
みどっ鼻
新たなことに挑戦したくない
みどっ鼻
やる気が出ない

こう言った疑問に解決していきます。

結論から言うと、

モチベーションなんて必要ないです

 

本記事の内容

✔︎そもそもモチベーションとは

✔︎モチベーションとは〇〇だ

✔︎モチベーション→〇〇に!

 

この記事は、何か行動(アクション)を起こしたいと言う方向けに書いています。

この記事を書いている僕は、

・海外に1人で行き死にかける。

・飲食点×2・アパレル・派遣・スーパー・ホテル・営業の7種の勤務経験。

・夏季には海の家を経営。

まず初めにモチベーションをコントロールできた事がある人はいるでしょうか?

誰しもが完全にモチベーションをコントロールできた事が1度もないにも関わらず、なぜかモチベーションを喉から手が出るほどに欲しますよね。

そもそもモチベーションとは

簡単に言うと、感情の高まりの結果何かの行動意欲を感じる事です。

と言うことは、つまり感情なのです。

しかも感情に基づいた感情なのです。

モチベーションとは”嬉しい”や”楽しい”時に発生しそうですが実は”つらい”・”苦しい”と言う時にも発生することからもモチベーションが他の感情に基づいていると言う事ができます。

そしてそれはつまり、”頼りないもの”だと言う事です。

なぜなら、感情に基づくものは全てアップダウンが激しいものだからです。

例えば、モチベーションが上がり「勉強をしよう」と思い立った時に、親からの「勉強しなさい!」のたった一言でモチベーションがなくなった経験は僕だけじゃないはずです。

他には、上司の立場で部下が仕事で悩んでいそうだからと飲み会を善意で開いて一時はモチベーションを取り戻すもその部下は家庭内で夫婦喧嘩をしてモチベーションがまた下がったとかということも起こり得ますよね。

そうです。モチベーションは感情である限りアップダウンを繰り返します。それも、ランダムに。

加えて、モチベーションは続かないようにできています。

同じものに何回も触れていくと、最初はどんなに楽しかったことも、繰り返していくうちにだんだんつまらなくなるのと同じように、モチベーションもだんだん鈍くなってきます。

これは、理論的にも言う事ができます。

人間は怠け者なので、判断することを嫌います。そのため何度も何度も触れている事柄にはローコストで処理しようとするように脳が機能するからです。

このことから、やる気を感じなくなってしまします。

そのため、モチベーション必要論を唱える方は

やる気を高める”ための

やる気が必要

こんなバカのことありますか?

モチベーションは〇〇だ

この問いの結論から言うと、

モチベーション=天気

天気は、晴れの日や、曇り・雨、時には雷が鳴る日だってありますよね。

そのように、モチベーションもその都度その都度ランダムに移り替わるのです。

そのため、晴れの日はラッキー!!と思うのと同じように、モチベーションが高い日はラッキーと思うのが丁度いいです。

曇り・雨の日が傘をさせば歩けるように、モチベーションがない日にもできることはありませんか?

このようなマインドセットをしておくだけで『モチベーション必要論』からは脱却され、モチベーションに翻弄ほんろうされなくなります。

モチベーション→〇〇に!

結論は、

”モチベーションから習慣に移行せよ”

と言うことです。

これは、例えば夜寝る前に歯磨きをする際、あなたはモチベーションを必要としますか?

必要としませんよね。

それはなぜか??

答えは簡単、習慣だからです。

これは、先ほどの↓理論を逆手に利用しましょう。

人間は怠け者なので、判断することを嫌います。そのため何度も何度も触れている事柄にはローコストで処理しようとするように脳が機能するからです。

習慣化さえしてしまえば、行動を実行するのにコストを必要としません。

この変化の早い現代において、モチベーションを待っているようじゃもはや手遅れです。

法が変化に追いついていない時代に考える時間なんてありません。

PDCA(plan do check act)の時代ではなくDDDD(do do do do)の時代なんです。

何事もローンチファーストで改善は後からついてくるのです。

これが真理であり、結論です。

© 2021 ニキニキビ日記 Powered by AFFINGER5