" />

イソトレチノイン(アキュテイン)

【イソトレチノイン(アキュテイン)は個人輸入か皮膚科か】最大11万円損しない方法

もう何度GoogleやYouTubeの検索欄に🔎”ニキビ”と検索をかけたか分からないけど、全くニキビが改善しない。(実際に僕がそうでした。)

さらに10年と100万円をニキビに浪費してしまった筆者の実体験を元に詳しく解説していきます。

医学的に98.9%のニキビを改善する方法として”イソトレチノイン(アキュテイン)”を購入したいけど、『皮膚科or個人輸入』どちらで購入していいのか分からない。

そんな”あなた”に向けて、どちらで購入した方が良いのか、またその具体的な手順について解説していきます。

しかし、そんなニキビの最終兵器は使用禁止の人も存在するので、絶対に最後まで読んで下さい

冒頭のGoogleやYouTubeの検索欄🔎に”ニキビ”と入力...たくさんの事を試すも全く改善しない。

その末、「自分にはニキビ0になることは夢のまた夢、自分はニキビ0になることは不可能なんだ」と自暴自棄になる気持ち本当によく分かります。

なぜなら実際に僕がそうだったからです。

具体的には、ニキビは遺伝要因が81%であると言われています。

そのためスキンケアや外部からの影響はたったの19%程度なのです。

「自分の遺伝子を変えることはできないから、ニキビとは一生付き合っていく運命か」

そう思っていました。

しかし、何事にも原因⇆結果が世の常です。

そのため、ニキビという結果になってしまった原因を潰せば「念願のニキビ0になれるのではないか」

結論としてその考えが功を奏しました。

具体的にニキビができる主な原因は、皮脂の過剰な分泌によるものです。

その皮脂の過剰な分泌によって、毛穴が詰まったり、アクネ菌が繁殖しニキビができる原因となります。

つまり遺伝によって皮脂が分泌されやすい体質だという事です。

では、皮脂を抑える薬を服用すればいいのではないか

そう考えを巡らせ、今回のイソトレチノイン(アキュテイン)に行きつきました。

そのため今回は何をしても治せなかったニキビが、実際にたった2ヶ月ニキビ0になったイソトレチノインアキュテインの購入方法について解説して行きます。

またイソトレチノイン(アキュテイン)について詳しくはこちらを参考にしてください。

医学的に98.9%のニキビが改善するイソトレチノイン(アキュテイン)ですが、これだけ効果の高い薬ですが、購入できる人が限られます。

それは、妊娠中の方は購入をしてはいけません。

なぜなら流産胎児の奇形を引き起こす可能性があるかもしれないということが言及されているからです。

そのため服用期間中その前1ヶ月間服用後6ヶ月必ず避妊を行ってください。

このように必ず避妊をすることを肝に命じ、妊娠中は使用しない方のみ、晴れて費用を抑えて購入することができます。

それでは、ニキビを改善するためにイソトレチノイン(アキュテイン)を購入するなら『個人輸入か皮膚科か』について解説して行きます。

まずこのイソトレチノイン(アキュテイン)を購入するなら『個人輸入か皮膚科か』という2択の結論から話します。

結論として、当ブログ(#ニキニキビ日記)では”個人輸入”という方法を紹介しています。

ただしイソトレチノイン(アキュテイン)の個人輸入を推奨するものではありませんのでそちらの方だけご理解下さい。

このように先に断っておきますが、「個人でやるなんて何を言っているんだ」という方はお控えいただくとともに、そんな不安な方へ向けて実際に経験した筆者だからこそ個人輸入”という方法を紹介しています。

では、”どんな点から”『個人輸入』を紹介できるのかデメリット・メリットを書いて行きます。

個人輸入のデメリット

イソトレチノイン(アキュテイン)の個人輸入のデメリットはたった1つに集約されます。

それは、

  • すべて自己責任だということ

これに集約されます。

1つに厚生労働省がイソトレチノイン(アキュテイン)の個人輸入への注意喚起を行なっています。

このように以下の文章が条件です。

*アキュテイン及びジェネリック医薬品については、数量に関係なく、医師の処方せんまたは指示書に基づき必要な手続きを行わない限り、個人輸入を行うことはできません。

厚生労働省

その中でも特に

  • 医師が必ずしも定期的に診断するわけではない
  • 商品が届くまでに1ヶ月弱かかる

これらの問題が推測できます。

まず1つ目に個人輸入の際を除いて、必ずしも医師が定期的に診断するかどうかは個人次第ということです。

ためそして2つ目に、イソトレチノイン(アキュテイン)は海外から発送されるため商品発着までに1ヶ月ほど用すると言うことです。

個人輸入のメリット

それでは次に個人輸入のメリットをは主に次の3つです。

  • とにかく価格を抑えることができる
  • 購入がネットで完結
  • 治療に専念できる

まず1つ目の”価格を抑えることができる”という事で、価格の比較をしてみます。

皮膚科で購入した場合

イソトレチノイン(アキュテイン)を皮膚科で購入する場合保険が適用されないため全額自己負担となります。

クリニックにもよりますが、イソトレチノイン(アキュテイン)20mgの場合1錠あたり500〜800円が相場と言われており、場所によっては1000円/1錠を越えるなんて事も。

ですので1ヶ月あたり20,000円前後のお薬代となります。

加えて、診察料・血液検査料・尿検査料がかかってきますので1ヶ月あたりの医療費が30,000円弱になります。

個人輸入した場合

しかし個人輸入の場合、お薬は同じであるにも関わらず1錠あたり100円程度であり1ヶ月あたり¥3000ほどで済んでしまいます。

これは学生の僕でも治療が継続しやすい価格帯でした。

価格比較

下記↓が初月の1ヶ月間(30日)にかかる合計金額を比較した表です。

 皮膚科個人輸入
1錠あたり¥500〜800¥146.4
診察料初診料¥3,850
再診療¥1,650
送料¥780
検査料血液検査料¥3,608
尿検査料¥1,056
-
1ヶ月の合計金額(初月)¥23,514〜32,514¥5,172

:服用量は20mg/1日で計算

また、このイソトレチノイン(アキュテイン)治療は4〜6ヶ月の治療期間を要します。

そのため4〜6ヶ月の期間でイソトレチノイン(アキュテイン)皮膚科個人輸入で購入した場合の比較をした表が↓下記です。

 皮膚科個人輸入(送料込¥780)
4ヶ月の総額¥87,456〜¥14,772
5ヶ月の総額¥108,770〜¥18,270
6ヶ月の総額¥130,084〜¥21,768

個人輸入がこんなにも価格を抑えることができる理由は、まとめ買いであると🉐お得になるからです。

公式サイトはこちらから

ネット完結

次に、購入がネットで完結するという点です。

このイソトレチノイン(アキュテイン)というお薬は皮膚科では取り扱っていないところが圧倒的に多く、クリニックを探すにも一苦労です。

ですので、ネットで誰でも購入できるという点は大きな1つのメリットです。

治療に専念

最後に治療に専念ができるという点です。

皆さんはこんな経験はないでしょうか?

今まで塗り薬でニキビが治らなかったにも関わらず、また同じ塗り薬が処方されることが。

つまりイソトレチノイン(アキュテイン)治療をしたいにも関わらず他の薬を処方されることがないということです。

>>【最安値】イソトレチノイン(アキュテイン)の公式サイト比較はこちらから

この記事の最後に、

僕と同じように肌に悩む人へ!

このニキニキビ日記があなたの人生を変える

1つになりますように!!

背中を押し出せるそんな記事を。

皆さんと一緒に汚肌から美肌へと生まれ変わっていきましょう。

では!!

© 2021 ニキニキビ日記 Powered by AFFINGER5