" />

未分類

【画像付き】ものもらいを最短の3日で治した方法と物

作者
腫れぼったくて嫌だ。
作者
どうやったら早く治るの?

この悩みにお答えします。

結論は、消毒です。

本記事の内容

✔︎ものもらいとは

✔︎治すために使ったもの

✔︎最短で治すために行ったこと

この3つの観点で見ていきます。

「日曜日に大事な用事がある」からと心構えていた木曜日、突然左目にかゆみと共に痛みがおそう。

嫌な予感しかしない。おそらくこの症状は、”ものもらい”だ。

病気や怪我って奴はいつもこっちの都合なんてお構いなしに突然やってくる。

(ニキビもその1つですね。)

しかし、そんなことを言っていたって早く治るわけでもない。

「あと3日でどうにか治すしかない」そう考えたのが事の発端だ。

そのため、3日で治すには”ものもらい”のことを知るのが先決だ。

敵を知り己をおのれ知れば百戦あやううべからず。

しかし、どこのサイトを見ても1週間〜2週間かかるとのことだ。

さぁこれをどう3日で治していくか。この実話を話していく。

ものもらいとは

”ものもらい”の症状としては、まぶたが腫れ、まばたきや、目をこすると痛みがあります。

そして”ものもらい”は、まぶたにある脂や汗を出す線に細菌が感染して起こります。

次に、”ものもらい”の原因の細菌はほとんどが黄色ブドウ球菌です。

黄色ブドウ球菌とは、化膿した傷に存在することが多い菌ですが、健康体の皮膚や手指、髪にも存在しており、20〜30%の人が保有していると言われています。

感染力は弱いのですが目の怪我や病気、免疫力が低まった時に入ってしまうと”ものもらい”が起こります。

黄色ブドウ球菌の殺菌方法としては75℃で1分以上の加熱とありますがそれは不可能なため、黄色ブドウ球菌を殺菌できる抗菌点眼薬を用いることが決定しました。

そして、まず初めに経過写真を載せます。

僕はもともと二重ですが、1日目の朝起きてから異変に気づき腫れぼったい一重になっていました。

しかし、抗菌点眼薬を指すことでその日の夜には腫れた二重になっていました。

黒目の左上のホクロと、黒目のやや右下の2つのホクロが全て同じであることから同一人物であります。

1日目の朝

1日目の夜

2日目

3日目

4日目

治すために使った物

目薬

抗菌点眼薬として、ゼリア新薬のエーゼット抗菌目薬を使用しました。


 

Amazonでは価格が2倍以上したので楽天市場で購入しました。

目の洗浄

ロート製薬のアイボンWビタミンプレミアムも使用しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】 アイボン Wビタミン PREMIUM(500ml)
価格:792円(税込、送料別) (2020/10/19時点)


 

最短で治すために行った方法

最短で治すために以下の4つを行いました。

①コンタクトの使用をやめる

②目薬を6回に分けて指す

③アイボンを使う

④しっかりと寝る

敵を知りおのれを知れば百戦あやううべからず。

このことわざにもあるように、そもそも”ものもらい”とはなにか分かったと思います。

まず敵を知りましたね。次はおのれです。つまり自分です。

自分について知るとは、僕の場合コンタクトを着用しています。

そのため①コンタクトの着用を中止しました。特に、2weekのものや1monthのものを使っている方はただちちにコンタクトの着用をやめ、メガネに切り替えましょう。

なぜかというと、細菌が原因で発生しているのですからまだそのコンタクトには菌が付着している可能性があるのです。症状を悪化させないようにしましょう。

次によく目を消毒しました。

目薬の成分表示に書いてある規定回数を時間をあけて指しました。

具体的には、②6回に分けて目薬をさしました。

もともとコンタクトを着用していたのでアイボンを使用していました。

使い方としては、目薬では殺菌をすることを目的としアイボンでは目のゴミや汚れを取るという目的で使いました。

なぜなら、更なる炎症の悪化を防ぐためです。

また、女性はアイラインやマスカラを使われているかと思います。クレンジングでしっかり落としてあげることも重要になってきます。

最後に④しっかりと寝ました。というのも、”ものもらい”は体の免疫が下がっている時に発症しやすいので、しっかりと睡眠をとることで免疫力を戻しました。

やはり、免疫を高めるには睡眠は必須です。

以上の方法で”ものもらい”を最短の3日で治すことができました。

作者
腫れぼったくて嫌だ。
作者
どうやったら早く治るの?

この悩みにお答えします。

結論は、消毒です。

本記事の内容

✔︎ものもらいとは

✔︎治すために使ったもの

✔︎最短で治すために行ったこと

この3つの観点で見ていきます。

「日曜日に大事な用事がある」からと心構えていた木曜日、突然左目にかゆみと共に痛みがおそう。

嫌な予感しかしない。おそらくこの症状は、”ものもらい”だ。

病気や怪我って奴はいつもこっちの都合なんてお構いなしに突然やってくる。

(ニキビもその1つですね。)

しかし、そんなことを言っていたって早く治るわけでもない。

「あと3日でどうにか治すしかない」そう考えたのが事の発端だ。

そのため、3日で治すには”ものもらい”のことを知るのが先決だ。

敵を知り己をおのれ知れば百戦あやううべからず。

しかし、どこのサイトを見ても1週間〜2週間かかるとのことだ。

さぁこれをどう3日で治していくか。この実話を話していく。

ものもらいとは

”ものもらい”の症状としては、まぶたが腫れ、まばたきや、目をこすると痛みがあります。

そして”ものもらい”は、まぶたにある脂や汗を出す線に細菌が感染して起こります。

次に、”ものもらい”の原因の細菌はほとんどが黄色ブドウ球菌です。

黄色ブドウ球菌とは、化膿した傷に存在することが多い菌ですが、健康体の皮膚や手指、髪にも存在しており、20〜30%の人が保有していると言われています。

感染力は弱いのですが目の怪我や病気、免疫力が低まった時に入ってしまうと”ものもらい”が起こります。

黄色ブドウ球菌の殺菌方法としては75℃で1分以上の加熱とありますがそれは不可能なため、黄色ブドウ球菌を殺菌できる抗菌点眼薬を用いることが決定しました。

そして、まず初めに経過写真を載せます。

僕はもともと二重ですが、1日目の朝起きてから異変に気づき腫れぼったい一重になっていました。

しかし、抗菌点眼薬を指すことでその日の夜には腫れた二重になっていました。

黒目の左上のホクロと、黒目のやや右下の2つのホクロが全て同じであることから同一人物であります。

1日目の朝

1日目の夜

2日目

3日目

4日目

治すために使った物

目薬

抗菌点眼薬として、ゼリア新薬のエーゼット抗菌目薬を使用しました。


 

Amazonでは価格が2倍以上したので楽天市場で購入しました。

目の洗浄

ロート製薬のアイボンWビタミンプレミアムも使用しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】 アイボン Wビタミン PREMIUM(500ml)
価格:792円(税込、送料別) (2020/10/19時点)


 

最短で治すために行った方法

最短で治すために以下の4つを行いました。

①コンタクトの使用をやめる

②目薬を6回に分けて指す

③アイボンを使う

④しっかりと寝る

敵を知りおのれを知れば百戦あやううべからず。

このことわざにもあるように、そもそも”ものもらい”とはなにか分かったと思います。

まず敵を知りましたね。次はおのれです。つまり自分です。

自分について知るとは、僕の場合コンタクトを着用しています。

そのため①コンタクトの着用を中止しました。特に、2weekのものや1monthのものを使っている方はただちちにコンタクトの着用をやめ、メガネに切り替えましょう。

なぜかというと、細菌が原因で発生しているのですからまだそのコンタクトには菌が付着している可能性があるのです。症状を悪化させないようにしましょう。

次によく目を消毒しました。

目薬の成分表示に書いてある規定回数を時間をあけて指しました。

具体的には、②6回に分けて目薬をさしました。

もともとコンタクトを着用していたのでアイボンを使用していました。

使い方としては、目薬では殺菌をすることを目的としアイボンでは目のゴミや汚れを取るという目的で使いました。

なぜなら、更なる炎症の悪化を防ぐためです。

また、女性はアイラインやマスカラを使われているかと思います。クレンジングでしっかり落としてあげることも重要になってきます。

最後に④しっかりと寝ました。というのも、”ものもらい”は体の免疫が下がっている時に発症しやすいので、しっかりと睡眠をとることで免疫力を戻しました。

やはり、免疫を高めるには睡眠は必須です。

以上の方法で”ものもらい”を最短の3日で治すことができました。

作者
今週末に大事な用事があるからどうしてもそれまでに治したい。
作者
腫れぼったくて嫌だ。
作者
どうやったら早く治るの?

この悩みにお答えします。

結論は、消毒です。

本記事の内容

✔︎ものもらいとは

✔︎治すために使ったもの

✔︎最短で治すために行ったこと

この3つの観点で見ていきます。

「日曜日に大事な用事がある」からと心構えていた木曜日、突然左目にかゆみと共に痛みがおそう。

嫌な予感しかしない。おそらくこの症状は、”ものもらい”だ。

病気や怪我って奴はいつもこっちの都合なんてお構いなしに突然やってくる。

(ニキビもその1つですね。)

しかし、そんなことを言っていたって早く治るわけでもない。

「あと3日でどうにか治すしかない」そう考えたのが事の発端だ。

そのため、3日で治すには”ものもらい”のことを知るのが先決だ。

敵を知り己をおのれ知れば百戦あやううべからず。

しかし、どこのサイトを見ても1週間〜2週間かかるとのことだ。

さぁこれをどう3日で治していくか。この実話を話していく。

ものもらいとは

”ものもらい”の症状としては、まぶたが腫れ、まばたきや、目をこすると痛みがあります。

そして”ものもらい”は、まぶたにある脂や汗を出す線に細菌が感染して起こります。

次に、”ものもらい”の原因の細菌はほとんどが黄色ブドウ球菌です。

黄色ブドウ球菌とは、化膿した傷に存在することが多い菌ですが、健康体の皮膚や手指、髪にも存在しており、20〜30%の人が保有していると言われています。

感染力は弱いのですが目の怪我や病気、免疫力が低まった時に入ってしまうと”ものもらい”が起こります。

黄色ブドウ球菌の殺菌方法としては75℃で1分以上の加熱とありますがそれは不可能なため、黄色ブドウ球菌を殺菌できる抗菌点眼薬を用いることが決定しました。

そして、まず初めに経過写真を載せます。

僕はもともと二重ですが、1日目の朝起きてから異変に気づき腫れぼったい一重になっていました。

しかし、抗菌点眼薬を指すことでその日の夜には腫れた二重になっていました。

黒目の左上のホクロと、黒目のやや右下の2つのホクロが全て同じであることから同一人物であります。

1日目の朝

1日目の夜

2日目

3日目

4日目

治すために使った物

目薬

抗菌点眼薬として、ゼリア新薬のエーゼット抗菌目薬を使用しました。


 

Amazonでは価格が2倍以上したので楽天市場で購入しました。

目の洗浄

ロート製薬のアイボンWビタミンプレミアムも使用しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】 アイボン Wビタミン PREMIUM(500ml)
価格:792円(税込、送料別) (2020/10/19時点)


 

最短で治すために行った方法

最短で治すために以下の4つを行いました。

①コンタクトの使用をやめる

②目薬を6回に分けて指す

③アイボンを使う

④しっかりと寝る

敵を知りおのれを知れば百戦あやううべからず。

このことわざにもあるように、そもそも”ものもらい”とはなにか分かったと思います。

まず敵を知りましたね。次はおのれです。つまり自分です。

自分について知るとは、僕の場合コンタクトを着用しています。

そのため①コンタクトの着用を中止しました。特に、2weekのものや1monthのものを使っている方はただちちにコンタクトの着用をやめ、メガネに切り替えましょう。

なぜかというと、細菌が原因で発生しているのですからまだそのコンタクトには菌が付着している可能性があるのです。症状を悪化させないようにしましょう。

次によく目を消毒しました。

目薬の成分表示に書いてある規定回数を時間をあけて指しました。

具体的には、②6回に分けて目薬をさしました。

もともとコンタクトを着用していたのでアイボンを使用していました。

使い方としては、目薬では殺菌をすることを目的としアイボンでは目のゴミや汚れを取るという目的で使いました。

なぜなら、更なる炎症の悪化を防ぐためです。

また、女性はアイラインやマスカラを使われているかと思います。クレンジングでしっかり落としてあげることも重要になってきます。

最後に④しっかりと寝ました。というのも、”ものもらい”は体の免疫が下がっている時に発症しやすいので、しっかりと睡眠をとることで免疫力を戻しました。

やはり、免疫を高めるには睡眠は必須です。

以上の方法で”ものもらい”を最短の3日で治すことができました。

© 2021 ニキニキビ日記 Powered by AFFINGER5