" />

未分類

【比較】ダーマペンをやるならセルフor美容皮膚科のどちらが良いのか

突然ですが、100万円と10年という月日を無駄にしたいですか?

これは実際に僕がニキビ・ニキビ跡に費やした金額と期間です。

そして、今回はニキビ跡を最も効果的に治す方として、ダーマペンという治療法について徹底的に解説します。

その中で「セルフor美容皮膚科」どちらでやったら良いのか不安な”あなた”に向けて書きました。

・ニキビ跡治療に一歩踏み出したいけれど「セルフor美容皮膚科」どちらが良いか分からない。

・セルフと美容皮膚科で効果は変わるの?

・それぞれの料金はどれくらいかかるの?

この悩みにお答えします。

結論として、セルフでのダーマペンの方がメリットを感じました。

その理由は、ダーマペンの治療法にあるので詳しく解説していきます。

本記事の内容

  • 価格・時間・効果の面から比較できる
  • セルフのメリット・デメリットが分かる
  • 美容皮膚科のメリット・デメリットが分かる

この記事を書いている人

>>10年間悩み続けたニキビがたった2ヶ月で治った方法

>>6ヶ月でニキビ跡を86%も改善させた治療法

時間を比較してみた

まずはダーマペンをするにあたり、セルフ・美容皮膚科どちらであっても施術の時間が必要になってきます。

ここでは、ダウンタイム(施術後の肌が元の状態に戻るまでの時間)の時間ではなく純粋な施術の時間のみを指します。

このダーマペンの施術の時間はセルフであっても、美容皮膚科であっても変わりません。

しかし、セルフと美容皮膚科の時間の違いはダーマペンを行うまでの時間に違いがあります。

具体的には、予約を取る時間美容皮膚科まで行く時間当日の待ち時間です。

そのため、好きな時間や空き時間にニキビ跡を治療できたら良くないですか?

それを可能にしてくれるのが、セルフでのダーマペンです。

セルフダーマペンのメリット・デメリット

メリット

・予約不要

・通う時間がかからない

・待ち時間が不要

デメリット

・強制力が働かない

予約が不要なため、「めんどくさいから今日はいいや〜」となりやすい

美容皮膚科のメリット・デメリット

メリット

・あらかじめ予約をしておくと嫌でも強制的に施術を行える。

面倒臭いを無くせる。

デメリット

・予約する時間が必要

・医院まで通う時間が必要

・医院での待ち時間が必要

価格を比較してみた

次に価格の比較をしていきます。

セルフと美容皮膚科でのダーマペンでは、価格は大きく異なります

それは、施術を行うのに1人か複数人かで異なるからです。

この価格の面ではいうまでもなく、美容皮膚科でダーマペンを行うとどうしても高くなってしまいます。

美容皮膚科での価格

ここではまず、美容皮膚科でダーマペンを行うときの価格を比較します。

店名料金(全顔)
共○美容外科3回で78450円
1回あたり26150円
*麻酔クリーム・成長因子込み
品○スキンクリニック3回で87820円
1回あたり29273円
*麻酔代不明
湘○美容外科5回84000円+α
1回当たり16800円+α
1回のみ19800円+α
*別途薬剤塗布オプション

この表では、大手3社の美容皮膚科の価格を比較しています。

セルフダーマペンの価格

一方、セルフでのダーマペンを行う場合1万円〜施術を始めることができます。

また、この1万円は道具を揃えるための費用なので、もちろん2回目の施術では払わないで良いお金です。

セルフダーマペンのメリット

メリット

・道具を1万円〜揃えることができるため、美容皮膚科で1回行うよりも安い

・2回目からはお金がかからない

・↑のため、ダーマペンをすればするほど安くなる

つまり、ニキビ跡を治せば治すほど価格は下がる

美容皮膚科のメリット

メリット

・価格に安心感がある

効果を比較してみた

最後に効果の比較をしていきます。

ここでは、前提としてダーマペンの効果は1回のみでは満足できないということに触れておきます。

それは、長い年月をかけてできてしまったニキビ跡はたった1回のダーマペンだけで完治するはずもありません。

そのため、時間労力が必要になってきます。

具体的には、10回を超えるくらいの施術は必要です。

これは、実体験からわかったことです。

つまり、10回を超えるダーマペンを行うのに時間・価格(上の2つの面)から継続できるのか?ということです。

このようにダーマペンでの治療に計30万をかけることのできるセレブの方は美容皮膚科で行ってもらう方が良いと思います。

しかし、僕のような特に学生にはとても払える金額ではないのでセルフでのダーマペンをオススメします。

次にコンプレックスは自分が1番気にするということです。

これはどういうことかと言うと、

自分は、ニキビ・ニキビ跡を相当気にしている(外に出歩きたくないくらい)のに、

他人からは、「全然そんなの気にならないよ」と言われたことありませんか?

つまり、自分のコンプレックス(特に深いニキビ跡)には重点的に治療できると言うことです。

これはダーマペンでニキビ跡を治すのに、どれだけ深く針をさせるかが肝になってくるからです。

しかし、そうは言っても「自分の肌に針を刺すなんて不安💧」と言う方は多いと思います。

そんな”あなた”に向けてこの記事やこのブログ(ニキニキビ日記)はあります。

例)>>ダーマペンを失敗しないために知っておきたいこと

また次の章でセルフでのダーマペンをオススメする根拠を書いていますのでぜひご覧ください。

セルフダーマペンのメリット

メリット

・時間の面から継続しやすい

「忙しいから美容皮膚科に行けない」を無くせる

・価格の面からも継続しやすい

「毎回、大金を払うことができない」を減らせる

・コンプレックスは重点的に治療できる

美容皮膚科のメリット

メリット

・施術にムラが少ない

セルフダーマペンをオススメする根拠

僕が、セルフでのダーマペンを勧める根拠。

それは、

ダーマペンという治療方法にあります。

ダーマペンとは、肌に針で穴を開けて人間本来が持つ自然治癒力を使って傷跡(ニキビ跡)を治療しようという方法です。

つまり、医療技術が発展している現代にも関わらず、レーザーなどでなく物理的に穴を開けて自然治癒力を使って治療をする初歩的な方法なので、セルフダーマペンをオススメします!

そして、「肌に穴を開けるなんて怖い」そんな方へ向けて、この記事を書いているワケです。

そんな人へ向けて少しでも役立つ情報を届けることができるように頑張っていきますね。

この記事の最後に、

僕と同じように肌に悩む人へ!

このニキニキビ日記があなたの人生を変える

1つになりますように!!

背中を押し出せるそんな記事を。

皆さんと一緒に汚肌から美肌へと生まれ変わっていきましょう。

では!!

© 2021 ニキニキビ日記 Powered by AFFINGER5